薬剤師転職サイトNAVI

 薬剤師の転職する際に必ず役立つ優良サイトをナビゲート。好待遇の求人情報が充実しているサイトを最新データで厳選しています。

薬剤師の転職で成功するコツは、非公開求人の情報をどれくらい集められるかにかかっています。
ハローワークに出ている求人はほんの一部でしかないのが現状だからです。
好条件の求人情報の多くは無料の転職支援サービスが独占的に持っているので登録しておくことが必須です。

【2014年版】高評価の薬剤師転職サイトはここだ!

リクナビ薬剤師
名実ともにナンバーワン。非公開求人35000件以上!
転職大手リクルートが運営しているリクナビ薬剤師。
全国ネットなので、都市部だけでなく、地方の求人にも強いです。
実際に転職された方の口コミも◎。
年収600万以上や土日休みなどわがままな条件も多数あります。
厚生労働大臣の認可サービスなので完全無料
急ぎの場合、スピード転職にもアドバイザーが全力を尽くしてくれます。




マイナビ薬剤師
利用者の満足度NO.1。専属キャリアコンサルタントが強力バックアップ
ひとり当たりの平均求人紹介数が22.5件と多いのが魅力
信頼と実績のマイナビが運営
高い情報収集力。薬局長の人柄から職場の雰囲気まで分かります。
好条件の非公開求人も多数。転勤なし、未経験など豊富な職場。
利用はもちろん完全無料
もちろん費用は一切かかりません。




ヤクステ
大手ヘッドハンティンググループが運営。即日スピード対応。
離職率1%以下の高い実力で大人気。
薬剤師業界専門のマーケティングスタッフが対応。
求職者だけの専任スタッフが全力でサポート。
独自ネットワークにより他にはない優良求人が多数登録されています。
厚生労働大臣認可サービスなので利用は完全無料
入社後の悩みもフォローしてくれるので安心です。





薬剤師は転職の機会の多い職種

薬剤師は転職の機会の多い職種だといえます。
実際、薬剤師の資格を持っている人が定年まで同じ職場で働き続けるケースは少ないようです。
求人は沢山あるので転職先に困る事もほぼありません。
一般に転職はマイナスで捉えられがちです。
しかし、転職はマイナスではなくより良い求人を求め、キャリアを高めるためにするという意識を持つ必要があります。
そのためには、納得のできる職場や高待遇の求人を見つけることが大切になってきます。
薬剤師という仕事は、調剤薬局、病院、ドラッグストア、製薬会社などいろんな場面で活躍をしていくので、どこが自分の適性に合っているかを見極めることが大切です。
資格を持っているからといって、どの職場でも働けるとは限りません。
例えば製薬会社の求人では、実験や研究をしていくのが仕事内容になるため、他の薬剤師とは少し違った志望動機のアピールなども必要になってきます。。

さまざまな職種

薬剤師の求人には本当に様々な職種があります。その理由を考えてみましょう。
私たちの生活に欠かせないものとして、薬が挙げられますが、薬といっても、病気の治療や予防のための薬、健康維持のための薬など様々です。
病気やけがの時に医療機関にかかり薬をもらったり、町の薬局などで薬を購入したことがあると思いますが、その薬が製薬会社で作られ、医療機関や薬局で患者の手元に届くまでに、専門的な立場で関わっているのが薬剤師です。
薬剤師といっても、その求人の内容は、病院薬剤師、調剤薬局薬剤師、ドラッグストア薬剤師、製薬会社薬剤師、学校薬剤師、認定薬剤師などなど、様々あります。
転職する際は、多様な求人から選ぶことができます。
私たちが普段接する機会が多いのは調剤薬局薬剤師や病院薬剤師、ドラッグストア薬剤師ですね。
薬剤師はただ薬を調剤するだけでなく患者の病状などを把握したうえで、薬を患者に渡さなくてはならないという責任のある仕事でもあります。
責任が重いために、高いスキルを持った人に求人が殺到する事になるのです。

いまの時代の薬剤師の役割

転職に有利な薬剤師の条件としては最新の知識を身に付けている事があげられます。
医療の進歩は患者にとっては非常にうれしいことです。
医療に携わる専門家たちにとっても、患者の福祉に貢献できることは喜ばしいことですが、進歩に伴って自分たちの仕事がより複雑になっていることにも気づいています。
薬剤師の求人に関しても同じことが言えます。
数十年前といまでは、薬剤師の求人の内容も大きく変化しています。
次々に新薬や治療法のなかった分野における投薬技術が進んでいるため、さらなる知識の深みや経験が求められます。
時代にあった働きができる薬剤師になるためには、国家資格がゴールではなく、その後の勉強も大切になってきます。
医療機関によっては、自分の業務が忙しすぎて研修や勉強のための時間がほとんど取れない状態になってしまうこともあります。
キャリア構築も見据えて働く場所を選ぶことが求められます。

薬剤師の資格を必要とする仕事もある

薬剤師の資格、取得するだけでも大変です。
薬学部に6年間通学し(留年すればまた伸びますが)、病院・薬局での11週間の実務研修もあり、国家試験を受けてやっと取得できる資格です。
このように厚生労働省の管理下で実施されている国家試験で資格を取得するだけでもかなり困難な状況になっています。
国家試験をとってはじめて様々な求人にアクセスする事が可能になり転職もできるようになります。

本来の病院や調剤薬局勤務ということはもちろんですが、保険薬剤師や学校薬剤師といったものも資格が必要となっています。
また転職の先として人気の「医薬品製造販売業管理者」という仕事も倍率の高い求人です。
他の転職先としては「総括製造販売責任者」という求人でも薬剤師の資格が必要です。

「向精神薬取り扱い責任者」「毒物劇物取扱責任者」といった求人では、薬剤師の免許の他にまた資格を取得すれば転職の可能な職種となります。
薬剤師といった一つの資格から、努力し資格をとれば転職も容易になるのです。

仕事しながら身のある転職をする方法

在職しながらの転職活動は大変です。
特に忙しい薬剤師ともなると、仕事を多数抱えている場合が多く、時間も中々取れないのが現状です。
現在の仕事をおろそかにする事は出来ませんし、かと言って求人サイトで見つけた転職先が本当に良い所なのか見分けるには時間が少なすぎます。

 

そんな中、多くの薬剤師の方が利用しているのがインターネットの求人、転職サイトです。
最近ではスマホも登場したので、外出先や移動中、もちろん帰宅後も転職活動に費やす時間がつくれるようになりました。
インターネットには多くの薬剤師転職サイトが存在しており、簡単な無料登録で条件検索などが利用出来ます。
こういった求人サイトには非公開の求人情報も多数あるので利用しない手はないですね。
情報収取のためにもこういったサイトにアクセスしてみて損はありません。